You cannot see this page without javascript.

Skip to menu

使徒の働き139

 

 

復活されたイエス様は、40日間地上で過ごされた後、天に昇られました(9)。その復活のイエス様が、地上で最後に残されたみことばが、「地の果てにまで、わたしの証人となります。(8)」です。『わたしの証人』つまり『イエス様の証人』ですね。『イエス様の証人となる』、これが地上で最後のみことばであるならば、これは、この時、復活のイエス様と出会い、人生の新たなステージに立とうとしている使徒たちに、イエス様が最も願い、期待されたことでありますね。

 

 

 

復活のイエス様と出会い、人生の新たなステージに立つのは使徒たちばかりではありません。イエス様を信じた全ての人は、人生の新たなステージに立ちます。ですからこの『わたしの証人になります』というみことばは、イエス様を信じるすべての者に向けられているのです。イエス様は、ご自身の証人となることを、すべてのクリスチャンに対し願い、期待されています。

 

 

 

『イエス・キリストの証人となる』この期待に十分応えるためにはどうしたらよいでしょうか?イエス様は、『大宣教命令』とも呼ばれる、この命令をいきなり出したわけではなく、地上での40日の間に、使徒たちがイエス様の証人として十分な働きをするために必要なこととして、三つの事をなさいました。一つ『神の国のこと』を語られました(3)。二つ『ご自分が生きていること』を示されました(3)。三つ『父の約束を待ちなさい』と命じられました(4)。この三つですね。

 

 

 

一つ目、『神の国のこと』を語られた、とはどういうことでしょうか?『神の国』とは、アダムの罪と共にその姿を失ってしまった、最初に主なる神様が創造された完璧な世界とも言えます。しかし、イエス様を信じて救われる人間が増え、数が満たされた時、世界はその姿を回復します。イエス様が『神の国』の何を語ったのかは不明ですが少なくともこのことは語られたはずです。

 

ですから、神の国のことを語る、ということは、使徒たち一人一人に、自分の働きの目的を明かにさせ、自分の存在価値を悟らせることです。

 

 

 

二つ目、『ご自分が生きていること』を示された、とはどういうことでしょうか?これは『復活の信仰』を持つということです。イエス様が甦られたことを信じるだけではなくて、私たち自身も死んだ後、新しい身体で復活する、という確信を持つことです(コリント人への手紙第一151220)

 

そして、それは私たちの働きの完成の証しである神の国での生活が、私たちにとって具体性を帯びるということです。

 

 

 

三つ目、『父の約束を待ちなさい』と命じたられた、とはどういうことでしょうか?『父の約束を待ちなさい』というのは、『聖霊のバプテスマを受けるのを待ちなさい』ということです(45節。これは、『聖霊を受けた時こそ、あなたがたが真の働きを始める時です。』ということですね。また、イエス様は、聖霊が信者の上に臨まれるとき、『力』を受けると言っています(8)。これは『イエス様を証しする力』です(ヨハネの福音書1526節)。つまり聖霊を受ける、ということは、霊的に成長させられ、イエス様の証人としての『実践力』が与えられる、ということです。そして、私たちは、イエス様を信じたと同時に、すでに聖霊を受けています。

 

 

どうでしょうか?これらのことを聞かされた者は、改めて『期待に応えたい』『期待に応えることが出来る』、そんな思いが来ませんか?イエス様を信じた者は皆『イエス・キリストの証人』です。自分が本当に大切な存在であって、『神の国』を立て上げる一人だという存在目的を見失わない者です。『復活の信仰』を持ち、今も生きているイエス様を思い、自分の復活を信じ、死をも恐れない者です。『聖霊を受けて』、自分が変えられていることを知り、成長に合わせて『力』を与えられている者です。それを確信して、イエス様の期待に十分お応えしたいという意欲を高く保ち、実践し、使命を全うしていく、それが私たち『イエス・キリストの証人』の生涯であります。アーメン

 

사도행전1:3-9

 

 

부활하신 예수님은 40일간 지상에 계시다가 승천하셨습니다(9). 그 부활의 예수님이 마지막 남기신 말씀이 “땅끝까지 이르러 내 증인이 되라(8)”입니다. 그것은 예수님의 증인이 되라는 것입니다. 이것이 예수님께서 사도들에게 예수님께서 가장 원하신 것이요 기대하신 것입니다.

 

부활의 예수님을 만나 새로운 인생이 된 것은 사도만이 아닙니다. 예수님을 믿고 구원받은 모든 사람은 새로운 인생이 된 것입니다. 그래서 예수님의 증인이 되라는 것은 모든 크리스천에게 원하시는 바요 기대하시는 일입니다. 예수님의 증인이 되는 것은 어떻게 해야 합니까? 예수님은 대선교명령에 해당하는 이 명령을 갑자기 하신 것이 아닙니다. 부활하신 후 지상에서 40일간 머무시면서 사도들이 예수님의 증인으로 살아갈 수 있도록 준비해주셨습니다. 그것은?

 

 

 

첫째, 하나님의 나라를 전하셨습니다(3).

 

하나님의 나라는 아담의 범죄함으로 상실된 하나님께서 처음 창조하신 완전한 세계입니다. 그러나 예수님을 믿고 구원받은 사람들의 수가 차면 세계는 다시 회복됩니다. 예수님께서 하나님의 나라를 말씀하신 것은 그것을 뜻합니다. 그러므로 하나님의 나라를 전하는 것은 사도들이 자기들의 사명과 목적을 그리고 존재가치를 깨닫는 것입니다.

 

 

 

둘째, 자신이 살아계신 것을 증거하셨습니다(3).

 

 이것은 부활의 신앙을 가져야 할 것을 뜻합니다. 예수님의 부활을 믿는 것 만이 아니라 우리들 자신의 부활도 즉 새로운 몸으로의 부활을 확신해야 합니다(고전15:12-20). 그리고 그것은 우리들의 신앙생활의 완성의 증거가 되는 하나님의 나라에서 생활이 삶에서 구체화되는 것입니다. 

 

 

 

셋째, 아버지의 약속을 기다리라고 하셨습니다(4).

 

 이것은 성령으로 세례를 받으라는 것입니다. 성령을 받아야만 진정한 하나님의 일이 가능하다는 것입니다. 예수님은 성령이 성도들 위에 임하면 권능을 받을 것이라고 하셨습니다(8). 그것은 예수님을 전하는 전도의 권능입니다(15:26). 즉 성령을 받는 것은 영적으로 성장되고 예수님의 증인으로서의 실천력을 얻게 되는 것입니다. 그리고 우리들은 예수님을 믿는 동시에 성령을 받았습니다.

 

 

 

어떻습니까? 이런 말씀을 들으면 새롭게 기대가 됩니까?

예수님을 믿으면 모두 예수님의 증인입니다. 자기가 하나님의 나라를 세우는 소중한 자라는 존재의 목적을 잃지 않게 됩니다. 부활의 신앙을 가지고 살아계신 예수님을 생각하며 자기의 부활의 믿고 죽음을 두려워하지 않게 됩니다. 성령을 받아서 자기의 변화를 알고 성장을 위한 권능을 받은 사람이 됩니다. 이것을 확신하고 예수님의 기대에 부응하고자 의욕을 갖고 실천하며 사명을 다하는 예수님의 증인으로서의 일생을 삽시다. 아멘.

 

No. Subject Author Date Views
27 20190519異邦人に遣わす/이방인에게로 보내리라 しもべ 2019.05.18 8
26 20190512約束を伴った第一の戒め/약속 있는 첫 계명 しもべ 2019.05.18 1
25 20190505私が必ず自分の父の家に/내가 내 아버지 집에 しもべ 2019.05.18 1
» 20190428イエス・キリストの証人/예수님의 증인 しもべ 2019.05.18 0
23 20190421イエスのことを考えなさい。/예수를 깊이 생각하라 しもべ 2019.05.18 2
22 20190414お定めになったのです。/너를 택하여 しもべ 2019.04.13 5
21 20190407わたしは、あなたが迫害しているナザレのイエスだ/나는 네가 핍박하는 예수라 しもべ 2019.04.13 3
20 20190331モーセ(賢明な選択)/모세(현명한 선택) しもべ 2019.03.30 8
19 20190324神に対して熱心な者でした/하나님께 대하여 열심하는 자라 しもべ 2019.03.23 9
18 20190317この人々の話をさせてください/백성에게 말하기를 허락하라 しもべ 2019.03.23 4
17 20190310神聖な場所を汚しています/이 거룩한 곳을 더럽게 하였다 しもべ 2019.03.10 8
16 20190303律法に熱心な人たち율법에 열심 있는 자 しもべ 2019.03.10 9
15 20190224喜んで私たちを迎えてくれた/우리를 기꺼이 영접하거늘 しもべ 2019.02.24 3
14 20190217救われる者/구원받은 자 しもべ 2019.02.24 15
13 20190210主イエスの御名のためなら/주 예수의 이름을 위하여 しもべ 2019.02.24 7
12 20190203信徒たちの新しい生活/신자들의 새로운 생활 しもべ 2019.02.24 4
11 20190127ヨセフ(祝福の人)/요셉(복의 사람) しもべ 2019.02.24 10
10 20190120御霊に示されて/성령의 감동으로 しもべ 2019.02.23 10
9 20190113信徒の交わり/성도의 교제 しもべ 2019.02.23 6
8 20190106あらゆることに自制しなさい。/모든 일에 절제하라 しもべ 2019.02.23 6